案内図
ホーム > ウエリス宝塚3つの価値
ウエリス宝塚3つの価値
華やかな宝塚、穏やかな住環境、美しい自然
すべてがそろう駅徒歩5分の感動
ポイント ポイント ポイント ポイント

「ウエリス宝塚」は3つの価値を手にするクロスポイントに誕生

駅前の利便性

宝塚市の中心である阪急・JR「宝塚」駅前には「宝塚阪急」「ソリオ宝塚」や普段のお買い物に便利な「エキマルシェ」をはじめとする商業施設や生活利便施設が集積。「ウエリス宝塚」は阪急「宝塚」駅から徒歩5分、JR「宝塚」駅から徒歩7分という、駅前の利便性を存分に享受できる恵まれた場所に誕生します。

通勤やお出かけにも快適に。

阪急宝塚線「宝塚」駅、JR宝塚線「宝塚」駅、阪急今津線「宝塚南口」駅の計3線3駅が利用可能。「大阪」や「梅田」にダイレクトにアクセスでき、「西宮北口」を経由して三宮方面へも。約30分で都心へ向かえる好アクセスな環境で、通勤やお出かけにも快適に。

イメージ イメージ イメージ
イメージ イメージ

駅に面したショッピング施設で
日々のお出かけや通勤のなかにも、
潤いと利便性を。

エキマルシェ ソリオ いかりスーパー

資産価値にも直結する
「宝塚」駅5分以内というアドバンテージ

武庫川や大型商業施設により駅近くの土地が少ないため、「宝塚」駅近くの新築分譲マンションは多くはなく、事実、阪急宝塚線「宝塚」駅徒歩5分以内の新築分譲マンションの販売は10年ぶりとなる。(※3)

駅から5分以内という立地は利便性だけでなく、将来的な資産価値にも期待できます。

マップ
マップ マップ

宝塚らしさ

華やかな阪神間モダニズムの生活文化を受け継いだ独特の気品と美意識に溢れる「宝塚」。武庫川に美しいS字を描く宝来橋や、宝塚大劇場、花のみちなど、この「宝塚」の魅力が凝縮されている「宝塚観光プロムナード」が、駅から「ウエリス宝塚」までの毎日の帰路となります。

美しきストリートで。

歩道、街路樹、街灯などが美しい街並みを形成する観光プロムナード。「ウエリス宝塚」はそのプロムナードの一角に誕生します。

宝塚観光プロムナード

この地にゆかりのある多くの著名人によって計画された市街中心部の街路を結ぶシンボルロード。 この待を代表する美しい自然・歴史・文化を結び、人に優しい歩行空間をも創出するプロムナード(仏:散歩道)です。

阪急「宝塚」駅徒歩5分圏内かつ
観光プロムナード沿いの
マンションは実に15年ぶり(※4)

武庫川や六甲山の風景とともに、
宝塚らしい情緒、美しさを
愉しみながら我が家へ。

花のみち 宝塚大劇場 宝来橋
マップ マップ マップ マップ マップ マップ マップ マップ マップ マップ

「安全安心」は住まいの基本

ウエリス宝塚は、武庫川の左岸(宝来橋北詰)から約7m高い場所にあり、浸水想定区域外になっている。また、土砂災害警戒区域外でもあるので、安心安全な暮らしをおくることが出来る。(※5)

また、プロムナード沿いにありながらも、マンションのエントランスを含む1階部分は道路面よりも約2.7mほど高い場所にあり、道行く人がマンションの中を覗き込むという心配はない。

マップ 外観

山手の住環境

清流 武庫川や六甲山系や長尾山系の美しい山々などの豊かな自然に溢れ、「宝塚観光プロムナード」では緑の街路樹や季節の花が暮らしを彩る「宝塚」。この都市の利便と豊かな自然の両立した、人にやさしく穏やかな武庫山山手の街並みは住環境として高く評価され、住みたい街ランキングの上位にランキングしています。

武庫山山手の住環境に見られる
落ち着きと潤い

イメージ イメージ

自然豊かな、第1種低層住居専用地域(※6)
すぐ側にウエリス宝塚は誕生します。

湯本台広場

「住みたい街ランキング」(※7)
上位にランクインする宝塚

阪急宝塚線「宝塚」駅は、「皆が選んだ住みたい街(駅)ランキング 関西版」において、数ある関西の駅の中でも上位に入っており、住みたい街として今、注目の駅である。 「宝塚」に住みたい人のコメントで多いのが、「都心へのアクセスの良さ」「緑や水辺などの自然環境が豊富」、そして「街並みがおしゃれ、洗練されている」「豪華で華やか」である。 「宝塚」駅は、交通利便性と自然環境の両方の要素をバランスよく持っており、そこにお洒落で華やかという要素が加わり、住みたい街として高く評価されている。

イメージ
マップ マップ マップ マップ マップ
  • マップ
  • マップ
  • マップ
  • マップ
  • マップ
徒歩5分の希少価値

阪急「宝塚」駅、徒歩5分の希少価値を検証。
阪急、JRの2線を徒歩圏内とする高い資産性を誇る魅力にあふれた湯本町の立地。

都市の利便、歴史・文化を継承する華やかな生活文化、豊かな自然、
これら3つの価値のクロスポイントに「ウエリス宝塚」は誕生します。

市場価格は近年上昇傾向

2011年の東日本大震災以降続く工事費・建設費の高騰や、中国・台湾などの海外投資家が日本の不動産に注目し始めたこと、さらに2015年の相続税増税改定により富裕層が節税目的に不動産を購入し始めたことなどにより、マンションの分譲価格は近年上昇の傾向にあります。特に、駅近物件などインフラの整った立地のマンションはその傾向があらわれています。

外観完成予想図

(※1)記載の所要時間は日中平常時または通勤時のもので、乗り換え、待ち時間等は含まれておりません。また、時間帯によって異なります。(※2)徒歩分数表示については地図上の規則距離を、80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。(※3)2016年12月不動産経済研究所データより(※4)2016年3月MRC調べ(※5)標高は「地理院地図(電子国土Web)」(国土地理院)調べ(※6)低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため(※7)住みたい街ランキング2016(リクルート住まいカンパニー調べ)
※掲載の環境写真は平成27年7月、平成27年8月、平成27年10月、平成28年5月に撮影したものです。 ※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植裁等は実際とは異なる場合があります。なお、外壁形状の細部・設備機器等の詳細は表現しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物の質感・色等の見え方が異なる場合があります。