案内図

構造・セキュリティ

ホーム > 構造
  • 構造
  • 防災
  • セキュリティ

見えない部分にもこだわった信頼の建物構造。

耐久性能

  • 直接基礎
    直接基礎
    建物を支える基礎には、直接基礎を採用しています。堅固な支持層が地表近くに位置しているので、建物の荷重や地震の揺れなどを直接良好な地盤に伝達させます。
    イメージ
  • 溶接閉鎖型帯筋
    溶接閉鎖型帯筋
    柱の帯筋には、継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型を採用しています。従来の折り曲げ加工よりも柱主筋の拘束力を高め、粘り強さが期待できます。(一部除く)
    イメージ
  • ダブル配筋
    ダブル配筋
    構造躯体の壁は、格子状に組んだ鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。シングル配筋よりも強度を高める仕様となっています。(一部除く)
    イメージ
  • 鉄筋のかぶり厚さ
    鉄筋のかぶり厚さ
    構造躯体の鉄筋のかぶり厚さは、建築基準法のかぶり厚さより10mm以上厚い目標値を設定しています。鉄筋を錆から守り耐久性が高まります。(一部除く)
    イメージ
  • 水セメント比50%以下
    水セメント比50%以下
    水セメント比が小さいほどコンクリートの耐久性が向上する傾向があります。構造躯体は水セメント比を50%以下に設定し、耐久性を高めています。(一部除く)

居住性能

  • 二重天井
    二重天井
    配線・配管をコンクリートに埋め込まないよう二重天井を採用しています。躯体を傷つけないよう配慮するとともに、将来のリフォームに備えてメンテナンス性を高めています。
    イメージ
  • アウトポール設計
    アウトポール設計
    柱を部屋の外に出すアウトポール設計を採用し、すっきり広々とした居室空間を実現しました。 部屋を有効に使うことができ、家具のレイアウトの自由度も向上します。(A・B・Hタイプ除く)
    イメージ
  • 断熱工法
    断熱工法
    住棟の外壁や梁の内側には、現場発泡ウレタンフォームによる内断熱工法を採用。外気に接する最上階の屋根スラブの外側や、最下階住戸の床スラブの外側には、外断熱を採用しています。
    イメージ
  • 開放感のある住空間演出
    開放感のある住空間演出
    リビングの天井高はゆとりの約2.45m、バルコニー出幅は約1.9m(壁芯)を確保しています。(一部除く)
    イメージ

次のページへ

※掲載の写真はモデルルーム・Hタイプ(408号室)を撮影(平成28年7月)したもので、タイプにより仕様が異なります。一部にグレードアップオプション・無償セレクト・インテリアオプションを含んでいます。家具、調度品等は販売価格に含まれておりません。