ウエリス光明池 泉北・新時代へ
ウエリス光明池 泉北・新時代へ

外観完成予想図

豊かな自然と調和し、
新たな風を吹き込む外観意匠

317家族の夢と希望を乗せて未来へと進むように、ビッグスケールで描く外観フォルム。緑の自然と明るい陽光に輝く、新しい暮らしのランドマークです。ファサードに動きを加えながら表情を変化させ、周囲への圧迫感を緩和する工夫を。また、バルコニー手すりの素材及び色に変化を持たせることでデザインアクセントとし、マリオンの幅や妻壁の厚みを強調することで、縦への伸びやかさと横への躍動感を同時に創出。心地良いバランスで街並みと調和しながら、街の風景を担う輝かしい存在をめざします。

エントランスアプローチ完成予想図

邸宅の趣を深め、
街と響き合うエントランス

駅との動線に配慮して、ペデストリアンデッキでつながる2階部分にエントランスを設置。奥行きのあるアプローチ部分はリズミカルに石とインターロッキングを配し、軽やかに棟内へと誘います。また、両サイドに配した植え込みには沿道の並木と調和するタイワンフウやケヤキの高木を植樹。風合いのある自然石や季節の趣を描く緑樹が美しい景観を織りなし、歳月とともに風格を増していきます。

寛(くつろぎ)スイート完成予想図

宿泊だけにとどまらない、
歓待の“寛(くつろぎ)スイート”

最上階にご用意したゲストルーム“寛スイート”。多目的にご利用いただけるように、ベッドルームだけではなくホテルのような広さと多彩な設備をご用意しました。上質感のあるウッド調のインテリアで寛ぎのひとときを演出し、旅の緊張感を優しく解きほぐします。

明るく開放感溢れる
南東・南西向き、三方角地

季節ごとにハイライトとなる風景を
描き分けた植栽計画

名所や風物詩という言葉があるように、日本にはその場所や時期ならではの風景を愉しむ美しい習慣があります。「ウエリス光明池」では敷地内を4つのエリアに分け、季節のテーマに合った樹種を選定。四季の彩りが際立つよう植栽を描き分けることで、ここに住まうことでしか味わえない特別なシーンを演出しています。

※1.2007年以降に発売された泉北ニュータウン内の新築分譲マンションにおいて※掲載の完成予想図は設計図書を基に描いたもので、色調や仕上げ材の表現、植栽は実際とは異なります。また、官公庁の指導や施工上の都合により設計・仕様・植栽等に変更が生じる場合があります。なお、植栽については、四季の植栽計画を同時に表現したものであり、特定の四季の開花状況を示すものではありません。竣工時の植栽は完成予想図程度に成長しておりません。あらかじめご了承ください。