住宅ローンでマンションを
「今買う」価値

住宅ローン金利が歴史的低水準

住宅ローンの利息金額を大きく左右するのが金利です。もしこれから景気が回復して物価が上昇したら、金利のアップも考えられます。その場合、当然返済額も増えることになりますよね。だからこそ、金利が低く抑えられた今こそ買い時といえるのです。


同じ金額を借入しても
金利によって「総返済額」に大きな差

もっと金利が高かった時代と、低く抑えられた今、どちらが買い時でしょうか。同じ金額を借入しても月々の返済額や総返済額を考えてみると大きな差があることから、言うまでもなく、ローン金利が歴史的低水準の「今」なのです。


住宅ローン残高の1%を10年間
所得税から控除

マンションを買うとき、とても心配だったのは、やっぱりお金のことでした。そんな私たちをサポートしてくれたのが住宅ローン控除。最大控除額が2倍に引き上げられたこともあって、「今買う」大きなキッカケになりました。


家賃を払い続けても「自分のもの」にならない

今賃貸住宅にお住まいの方は、毎月家賃を払っていますよね。でも、家賃を払い続けても自分のものにはなりません。その点、分譲なら、ローンを払い終われば自分の「資産」になるんです。




“分譲ならでは”の多彩なメリット

最大30万円!すまい給付金

賃貸マンションからの引っ越しを迷っていたとき、この「すまい給付金」を知りました。新しい家に住むのって、色々お金がかかりますよね。「30万円って1ヶ月分のお給料ぐらいだわ」。そう考えたのが、マンション購入の決め手のひとつになりました。

※収入額の目安は、扶養対象となる家族が一人(専業主婦、16歳以上の子どもなど)の場合をモデルに試算した結果です。


先進の設備も自身の“所有物”に

私が分譲マンションを選んだ理由のひとつが、設備が充実していることでした。キレイなキッチンは、お料理を作るのも楽しくなるほど!それに、防災や防犯にも配慮されているから、毎日の暮らしに不安も不満もなくなりました。


完成済なら契約後の家賃の支払い期間が短縮

まだ完成していないマンションを購入した場合、ご契約から入居まで長期間となる場合があります。その点、すでに完成したマンションなら、すぐに新生活を始めることができ、建設期間中の家賃の支払いも抑えられます。


TEL
MENU