トップページ > デザイン

DesignDesign

駅前の新たなランドマークとして、気品と存在感を放つ洗練のレジデンス。FACADE DESIGN駅前の新たなランドマークとして、
気品と存在感を放つ洗練のレジデンス。

地下鉄長堀鶴見緑地線「門真南」駅の出入口から地上に足を踏み出したとき、まず目に入るのが、 堂々と屹立する総60邸の「ウエリス門真南」。気品と重厚感に満ちたチャコールグレーを基調に、 凛と引き締まったその表情は、街並みに優しく溶け合いながら邸宅としての存在感を鮮やかに主張します。 また、敷地内には住まう方の視点に立って考えたこだわりが揃い、いつのときも心地よさを演出。 長い歳月の中でも色褪せることなく、家族の“財産”として成熟を深めていきます。

  • 駅徒歩1分 駅前邸宅
  • 地上11階建 総戸数 60戸
  • 安全性に配慮 歩車分離設計
外観完成予想図

吟味を重ねて選定、質感豊かなマテリアル。吟味を重ねて選定、質感豊かなマテリアル。

建物各所に採り入れたのは、一つひとつ吟味を重ねて選定したマテリアルの数々です。それぞれ質感や風合いなどディテールにまでこだわり抜くことで、格調高さやグレード感を演出するとともに、揺るぎない美しさを創出。住まう方々のステイタス感を満たしていきます。

ARCHITECTARCHITECT

今回の計画地は、大阪市中心部まで約20分と、利便性の高い立地にあります。この都心への近さを、チャコールグレーを基調にガラスを使った都会的なデザインで表現しました。シンプルで無駄のないデザインとすることで、時代の変化にとらわれない建築となり、駅前のランドマークとして恒久的に存在し続けると考えています。

ENTRANCE APPROACH一人ひとりの暮らしを優雅にもてなす、
迎賓の思想が宿る共用空間。

光と影、陽と陰のコントラストを強調し、鮮やかに映える緑が心地よさをもたらすアプローチ。
その空間を抜けた先に広がるのは、人々をもてなす迎賓のエントランスホールとロビーです。
モノトーンの色調で構成されたこの場所は、ガラスの境界を隔てて坪庭と隣接。
この坪庭は、コンクリートだけで囲わず、生け垣も用いて豊かな表情を持たせています。

  • A駐車場

    駐車場は敷地内に31台分をご用意しました。それぞれのカーライフを快適にサポートします。

  • B自転車置場・バイク置場

    60戸という総戸数に対して、自転車の置場は120台分、バイクの置場は14台分を設置しています。

  • C宅配ボックス

    不在時に届いた荷物を、いつでも取り出せる宅配ボックス。荷物が届く予定のある日でも、安心して外出できます。

  • D防災倉庫

    万一の際にも家族の暮らしを守るための備えとして、1階の共用部に防災倉庫をご用意しています。

  • Eチェーンゲート

    駐車場の出入口部分にはチェーンゲートを設置。不審な車の立ち入りなどを抑制します。

  • F歩車分離設計

    敷地内の安全性を高めるための配慮として、人と車・自転車・バイクの出入り口やルートを分離しています。

感性を育み、住まいに彩りを添える花木。感性を育み、住まいに彩りを添える花木。

四季折々に美しく咲き誇る、瑞々しい花や樹木を各所に配しました。住まう一人ひとりの感性を豊かに育んでくれる豊富な植栽が、目と心を優しく癒しながら、春夏秋冬それぞれの季節の訪れをそっと教えてくれる日々。それは、ここに住まうからこそ得られる歓びとなります。

  • ヤブラン

  • クリスマスローズ

  • ツワブキ

※掲載の完成予想図は設計図書を基に描いたもので、色調や仕上げ材の表現、植栽は実際とは異なります。また、官公庁の指導や施工上の都合等により設計・仕様・植栽等に変更が生じる場合があります。竣工時の植栽は完成予想図程度に成長しておりません。あらかじめご了承ください。
TEL
MENU