ランドプラン LANDPLAN

外観完成予想イラスト

永く住むために、次世代に継ぐ真価を求めて。

新たな街のランドマークとなる、
14階建て・全216邸のビッグスケール。
閑静な戸建て住宅地に優しく溶け込みながらも、次世代レジデンスの誇りを感じさせる威風堂々の外観。
住むほどに誇りを感じていただくとともに、
永く住み継がれていくレジデンスを
めざしました。

LANDPLAN プライバシーとパブリックが共存する、緑に包まれたゆとりのランドスケープ

約7,500㎡の敷地面積を誇る「ウエリス茨木」は、豊かな植栽帯とデザインウォール等によって
敷地内のプライバシーを確保しています。
同時に、敷地内歩道と提供公園がパブリックゾーンを形成し、街に潤いと賑わいを
創出するよう計画されたランドプランに仕上げました。
敷地の北側には、遊具を設置した1,000㎡を超える提供公園を設け、地域とのつながりにも配慮。
また、敷地内の各所に効果的な照明を配し、住まう方にゆとりと安らぎを演出しています。

[1]提供公園:敷地の北側には、1000㎡を超える広大な提供公園を配置。充実した遊具で地域の方々や多世代が集い賑わう空間を確保することで、ゆとりと潤いを創出しています。 [2]敷地内歩道:提供公園から続く敷地内歩道はマンションへのアプローチを演出し、安全な歩行空間を創出しています。[3]リングシャッター:不審者や部外者の侵入を抑止し、大切なお車やバイクの安全を守るリングシャッターを設置。リモコンで簡単に開閉できます。 [4]車寄せ:シンボルツリーが印象的なホテルライクな車寄せは、荷物の積み下ろしもしやすい利便空間です。 [5]ノースエントランス:車寄せからのノースエントランスには、エントランスホールに便利なコンシェルジュカウンターも設置しています。 [6]ゴミ置場:敷地内に別棟のゴミ置場を設けることで、衛生面にも配慮。雨に濡れずにゴミ出しできるように計画しています。 [7]サイクルポート:自転車の出し入れが便利なサイクルポートを37区画設置しています。 [8]ラウンジ:2層2スパン吹抜による大空間のラウンジは、内装も木目調にした落ち着いたデザイン。ガラス越しの緑が印象的な空間です。 [9]まちかど広場:桜がシンボルツリーとなるまちかど広場は、敷地内のアクセントとして、また街の顔として相応しい緑豊かな空間です。 [10]サウスエントランス:豊かな植栽の奥に佇む、迎賓空間としてのサウスエントランス。住まう方を優しく迎える上質な空間です。 [11]コミュニティルーム:テラスと一体になったコミュニティルームは、開放感のあるオープン空間として、また住まう方がさまざまな目的で使用できるスペースとしてご用意しました。

シンボルツリーが迎える、
車寄せを配したホテルライクな
ノースエントランス。

専用庭イメージイラスト

戸建て感覚のゆとりを演出する
1階住戸にはテラスと専用庭をご用意

1階住戸は、テラスと専用庭を備えました。
外部からも直接出入りできる専用庭には、自転車等が置けるサイクルスペースを確保。また、便利な大型のトランクルームも設置しました。

  • 戸建感覚を演出する専用テラス・専用庭
  • 専用庭から直接出入りできる専用サイクルスペース
  • 独立した大型収納庫2.88㎡〜3.75㎡の大型トランクルーム

街の景観を変える、四季の潤いに満ちた植栽計画

敷地内には、茨木の豊かな緑との連続を意識し、わが家の庭のように愛着を感じていただける植栽を計画しています。
豊富な緑量を誇るメインエントランスアプローチやポケットパークのサクラなど、
高中木約21種類、低木地被約30種類もの植栽が街の景観をも変える豊かな環境を創出し、
暮らしながら四季を感じられる計画としました。

  • ガクアジサイ
  • アラカシ
  • ナナミノキ
  • ソヨゴ
  • シマトネリコ
  • ネズミモチ
  • カクレミノ
  • キンモクセイ
  • クルメツツジ
  • ヤマザクラ
  • コブシ
  • イロハモミジ

※掲載の車寄せ・専用庭・ランドプランイメージイラストは、設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により、建物の形状、色調・植栽等に変更が生じる場合がございます。

  • 資料請求様には最新情報をご案内いたします。

    資料請求はこちら

  • モデルルームご来場予約受付中

    来場予約はこちら

PAGE TOP