麗しい景が求めた端然たるレジデンスの姿。

邸宅の構えとは、街の歴史や景観との対話から導かれるべきもの。奇をてらうことなく、語り継がれていく格調を追求した「ウエリス」の芦屋。わずか13邸で構成されたフォルムに、空間創造の粋を結晶させました。

外観完成予想図

美しく在ることとモダンな重厚感で装うこと。

空間造形が物語る美学、それぞれのマテリアルが印象づける気品。芦屋という稀なる邸宅街への敬意を込めて、趣向に満ちたデザインを施しました。誇り高き方々の心の琴線に触れる、繊細なモダン邸宅のしつらえです。

FORWARD STYLE

住空間の心地よさとは、デザインの美しさと品質、機能性の調和と考えるフォワードスタイル。住まう人の視点やライフシーンから発想したインテリアデザインの提案により、数々の都市型住空間を創造してきた、デザインのプロフェッショナルカンパニーです。

Produced by FORWARD STYLE 株式会社 総合インテリアデザイン プロデュース 代表取締役 南部昌亮 共用部インテリアデザイン 田中康博

外観完成予想図

低層フォルムが描き上げる香り高き誇り。

プライバシー性に優れた全邸角住戸、悠々たる暮らしを堪能する全邸100m²超の空間。この贅沢を象徴する低層フォルム。上質な素材と造形で堂々たる存在感を与えました。

エントランスアプローチ完成予想図

奥行のあるシークエンスに一歩一景の歓び。

閑静な街並みに、新たな品格を添えるエントランスファサード。格式ある構えにいざなわれ、帰り着いた歓びを噛みしめる空間です。

ラウンジ完成予想図

寛ぎの情景を演出するラウンジの様式美。

語らいの場として、リラクゼーションを愉しむ空間として、オーナーの方々が温もりに包まれて過ごせるラグジュアリーラウンジ。世界の家具メーカーであるカッシーナ・イクスシーに特注製造を依頼したオリジナルデザインの上質なソファをはじめ、フォワードスタイルがインテリアデザインを担当しました。

やすらぎに満ちた日々を奏でる趣向を。

13邸すべてを2面採光の角住戸とする、優れたプライバシー性と開放感を兼ね備えた空間プランニング。ホテルライクな内廊下を採用し、落ち着いたフロア環境を実現しました。アプローチからエントランスホールをはじめ共用空間にも贅を求めたレジデンスです。

内廊下完成予想図

駐車場は全邸分以上

オーナー様の大切な車の駐車スペースを全邸分以上確保しています。

Image photo

※素材マテリアル写真は2016年12月に撮影したものです。
※掲載の完成予想図は、設計図書を基に描いたもので、官公庁の指導または施工上の都合等により、形状・仕様・色調・植栽・家具・照明・調度品等が変更になる場合があります。
また、描かれている植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描いたものではありません。尚、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。あらかじめご了承ください。
※調度品についてはイメージとなります。※共用部の利用は管理規約に準じます。